文章力を磨く上で、押さえておきたい7つのトリガー

※今回の内容は、メンタリストDaiGoさんの、「人を操る禁断の文章術」を参考にしております。

今からお伝えする7つのトリガーを使って文章作成をすれば、相手の感情を揺さぶり、人を行動へと駆り立てることができます。

  • ブログ
  • メルマガ
  • 提案文の作成
  • ホームページやLPの本文
  • 仕事でのメールのやりとり
  • 異性とのラインのやりとり

以上のように、文章を書くときには、基本何にも使えます!

今から使える内容になっているので、すぐに実践してみてください!

トリガー1. 興味

文字通り、相手がどんなものに興味を持っているのかを探っていきます。

相手が興味あるものが何か知っていれば楽ですが、初めてメッセージをやりとりする相手や提案書を渡す取引先や出会ったばかりの異性などは、事前に相手の興味を把握するにはどうすればようでしょうか?

簡単です。SNSで指名検索します。

今は名前がわかれば調べられますから、

「今日はずっといきたかった渋谷のイタリアンでピザ食べた~」
「新しいパソコン買いました!今からAdobeのソフト入れて、WEBデザイン学んでいきます!」

相手の興味やお金を使っている場所、言葉の使い方がすぐにわかります。

これをビジネスシーンで使った場合どうなるか。

もし、接待する相手がfacebookに梅酒のことを書いていれば、適当に選んだお店よりも、梅酒の品揃えのいいお店にした方が効果的ですよね。「この度、日頃のご愛顧(あいこ)にお応えしたく一席設けさせていただきたいのですが、○○部長のご都合の良い日程を、お聞かせいただけないでしょうか?」

という文章と、「この度、日頃のご愛顧(あいこ)にお応えしたく一席設けさせていただきたいのですが、全国の蔵元(くらもと)から選りすぐりの2,000本の梅酒が飲める店を探しました!県内一の品揃えだそうです。○○部長のご都合の良い日程を、お聞かせいただけないでしょうか?」

どちらが効果的でしょう?

当然後者ですよね。相手の興味を事前に把握しただけでも、提案の仕方と相手の印象は大きく変わるのです。

トリガー2. ホンネとタテマエ

例えば、仕事で追い込まれてるサラリーマンの場合。

「次から次へと舞い込む仕事を断りたい」のがホンネで、「上司から仕事を投げられる以上やるしかない」のがタテマエですよね。

ホンネは、「理想ではこうありたい」で、タテマエは「現実はこうあるべき」という形です。

このホンネとタテマエのギャップに、相手の心を動かすエネルギーが詰まっていて、ここに「カチッ」とはまるような内容を文章で示して行動させるのがポイントです。

これをうまく使っている例、食洗機広告のコピーの例です。

「頑張るママの手が、悲鳴をあげています」
「年中、手荒れに悩むママに朗報です」

本当は炊事洗濯全て苦手でも、多くの主婦の皆さんはタテマエとして、「その役割を担っていかなければ」と頑張っています。

この食洗機の広告コピーは、そんな女性たちのタテマエを認めて、手荒れという切り口で主婦の大変に共感しながら、できれば洗い物の負担を軽くしたいというホンネに働きかけているんですね。

しかも、この広告コピーをみた主婦たちは、夫に対してホンネを明かさなくても手荒れというタテマエを使って納得させることができます。

トリガー3. 悩み

悩みの9割は「HARM」の4文字に集約されているのです。

HはHealth(健康)、AはAmbition(夢、将来、キャリア)、RはRelation(人間関係、結婚、恋人、会社)、MはMoney(お金)ですね。

このHARMに「世代」を掛け合わせたら、ほぼ確実に悩みは当てられます。

例えばHealth、健康の悩みであれば、10代は身長や体格、肌荒れなど主に外見にまつわるものが中心です。

20代は仕事のストレスによる不調、肩こり腰痛といったトラブル、30代は女性なら出産について真剣に考える年齢です。

男性は体力の衰えや薄毛やメタボなどの問題が増えてきて、フィットネスや健康食品へ興味関心がでてきます。

そして40代は内科系の病の心配、がん保険等にもより目がいくようになります。

次はAmbition(夢、将来、キャリア)を例にしてみます。

将来の夢をフックに雑誌の特集を組むとします。そうなるとどんなタイトルが気をひくのかは、年代によって変わります。

10代向け→「受験だけが全てじゃない。そう思ったら夏の短期留学」

就職前の20代→「内定者の83%が来場した適職フェア」

30代でお金に関する悩みも増え始めるタイミング→「同窓会、この中に2人は年収1,000万円!?」

といった感じで、訴求の仕方も異なります。

トリガー4. ソン・トク

これは、商品やサービスのデメリットを伝えた上でメリットを伝えます。

「弊社の商品は、制作に時間が他社と比べ1.5倍ほどかかりますが、その分細かいところにこだわって制作しております。

ですので、お客様が実際に使っているときにこんなところまでこだわっているの!?という驚きの声をよくいただいております。」

といった感じです。

デメリットを正直に伝えることによって、信頼を獲得できるのです。

ここでは、デメリットを上回るメリットを強く伝えるのがポイントです。

トリガー5. みんな一緒

「80%の人がこちらのコースを選択していただいております」てな感じです。

これを使って、住宅を買う気にしてみてください。

・・・・・・・・

解答例は「ご存知ですか?今、30代の人たちの75%が家を買おうと考えています」

パーセンテージが出ると印象変わりますよね。ここでは、読み手に周りと遅れをとってはいけないという心理が働きます。

トリガー6. 認められたい

ここでは、2つだけでもいいので、言葉を覚えてください。

その2つは、「初めてです」「変わりました」です。

例えば、昨日あなたの上司が飲みに連れて行ってくれました。そのあとの文章です。

パターン1
「○○部長、昨日は楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございます。次回もまたよろしくお願い致します。」
パターン2
「〇〇部長、昨日は飲みに連れて行っていただき、ありがとうございした。自分はあんなに敷居の高いバーに行ったのは、実は初めてでした。またよろしくお願いします。」

どっちがいいですかね?

後者の方が嬉しいと思いませんか?ここでは、「初めてです」が入っています。

こんな要領で、「変わりました」を使うなら、「〇〇部長が営業に対する思いを話していただけたおかげで、仕事に対する考え方が変わりました!」といった感じで使えます。

この「初めてです」と「変わりました」は単純明快で、すごく使いやすいです。

トリガー7. あなただけの

よく言われるのが、数量限定ですね。先着○名様は半額で販売致します!
もちろん、これでも効果があるのですが、数量限定よりも情報の限定に弱いのが人間です。
例えば、あなたがよく行く洋服屋から、メルマガでこんな内容がきたとします。

「プレセールのお知らせ。バーゲン開始72時間前から半額です。ただこの情報は、当店での購入回数が5回以上の特別なお客様のみにお知らせしております。一般のお客様には公開されておりませんので、ご内密に」

こう書かれていたら、どう思いますか?

ちょっと行きたくなりますよね。

情報そのものが「あなただけ」となっているので、心が動かされやすいのです。

「あなただけにご用意いたしました」というフレーズに、さらに希少性が加わると最強のものになるのです。

まとめ

トリガーのまとめ

トリガー1. 興味
トリガー2. ホンネとタテマエ
トリガー3. 悩み
トリガー4. ソン・トク
トリガー5. みんな一緒
トリガー6. 認められたい
トリガー7. あなただけの

弊社では、文章力にもこだわり、ホームページに来ていただいた人に次のアクションを取ってもらえるようにしております

ご自身のビジネスで集客にお困りなら、株式会社TENSENにお気軽にお問い合わせください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP